大気中放射能濃度 業務棟

計測ポイントをみる

--

測定値

0Bq/m3

これまでの最大値

0Bq/m3

これまでの最小値

0Bq/m3 以下

最大値
  • β測定値
  • これまでの最大値
  • これまでの最小値

お知らせ

  • 2018年03月27日

    お知らせはありません。

  • 値の変動理由について
    大気中放射能濃度の値は、風で土やちりが舞い上がったり、天然のラドンなどの放射性物質の影響で変動することがあります。これらの値は震災以前からも検出されています。
  • 日、週、月の値の表示方法
    6時間連続で吸引し測定するため、データは6時間ごとに表示されます。
  • これまでの最大値・これまでの最小値について
    計測を開始した2017年8月1日以降の値です。
  • グラフの欠損について
    測定機器やデータ伝送装置の点検、整備等のため、グラフが途切れることがあります。
  • ND表記について
    検出下限値を下回った場合、NDと表示されます。検出下限値は、α値では「0.01Bq/m3」、β値では「0.1Bq/m3」です。
  • α値、β値とは
    α値、β値はそれぞれ、大気中のちりに含まれているα線、β線を放出する放射性核種の濃度を表します。

大気中放射能濃度データ一覧

  ※2018年1月以降のCSVデータに記載されている値は暫定値です。

CSVデータをダウンロードするにあたって

  • ファイル名について
     形式は [西暦年月 6桁]_[データ種別 1桁][数字 1桁].csv という形式です(例:201802_d2.csv)。
     [西暦年月 6桁] は 西暦年4桁と月2桁を連結したもの、[データ種別 1桁]は 大気中放射能濃度の場合は d 、[数字 1桁]は計測ポイントで、2 が業務棟、4 が埋立地北側 を表します。
     なお、計測ポイントはグラフ上部の 計測ポイントを見る をクリックするとご覧いただけます。
  • 項目について
     6 項目あり、内容は以下の通りです。
      keisoku_bi: 計測日
      keisoku_jifun: 計測時分
      keisoku_chi_a: α値の計測値 単位はBq/m3 元のデータは指数表記ですが、計算して実数表記にしていますが、検出下限値を下回った場合は ND としています。
      keisoku_chi_b: β値の計測値 内容は同上
      joutai_a: α値のデータの状態を表すもので4種類あります。adjusting: 調整中、no data: 欠測、out of range: ND(検出下限値を下回った場合)、値が入っていないものは正常データです。
      joutai_b: β値のデータの状態を表すものです。内容は同上。
  • 表記について
     csvファイルを表計算ソフト(Microsoft Excelなど)で開いた場合、以下のように表示されることがあります。
      ・「keisoku_jifun」で、同一計測日で計測時分のとりうる範囲は 0001(00:01) ~ 2400(24:00) ですが、上位桁の「0」が削除されて表示されます(例:7時1分の場合、701となる)。
      ・「keisoku_chi_a」および「keisoku_chi_b」で、下位桁にある有効桁数を表す「0」が削除されて表示されます(例:0.10の場合、0.1となる)。